フリーター生活でやりたいことをする生き方を

気ままなフリーター生活とは?

フリーター生活を充実させるための情報を紹介しています!
みなさんのお役に立てれば幸いです!

PICKUP!!

  • マイナス面も把握しておこう

    フリーターとして生活するにあたって、知っておいた方がよいマイナス面・デメリットもチェックしてみましょう。

  • 気楽に働ける職種とは

    フリーター生活をするならバイトも気楽に働けるものがいいですね。フリーターにおすすめの人気職種を紹介します。

やりたいことをする生き方

ライフスタイルを自由に選ぶ

学校を卒業したら、企業に就職するのが当たり前だという風潮があります。企業で正社員として働いていない人は負け組とみなすような人もいます。しかしそれは本当でしょうか。やりたい職種や業界を卒業前に決めることが唯一の正しい生き方でしょうか。時に人は近視眼になり世の中を小さく見すぎたり、物事を決めつけすぎたりする傾向があります。
企業で会社員として働くということは選択肢のひとつでしかありません。起業をして会社を興す選択肢もあれば、フリーランスとして個人事業主になり活躍することを目指す人、そしてフリーターとして自由に好きな時に働く生き方もあります。すべては同列で語られるべきで、それは生き方の選択に過ぎません。すべての人が自分のライフスタイルを決める権利があります。そしてフリーターというライフスタイルに誇りを持って生きている人はたくさんいるのです。

通過点としてのフリーター

通過点としてフリーターを経験する人もいます。スポーツ選手になる夢がある人、アイドルや小説家を目指す人などは、「専門のスキルを磨きあげる」ために時間と労力が必要になります。最低限の収入をバイトで得ながら時間と労力のほとんどを夢の実現に使います。正社員として働きながらでは、時間と労力が足りないかもしれません。特に若いうちに夢を実現する必要がある人はそうでしょう。
また「やりたいことがみつからない人」が通過点としてフリーターをすることがあります。やりたいことがみつかるまでには人によって時間差があります。学校を卒業した時点でやりたいことがみつからない場合は、フリーターとしていろいろな職種や業界で働いて見ることが近道になるかもしれません。天職だと思える職種や業界、職場をみつけることができたとしたらフリーター時代は無駄になりません。むしろ新卒で就職するよりも近道をしたといえるでしょう。

自由で自立した人間へ

このサイトではいろいろな事情でフリーターとして生活している人が、より自由に、より快適に生きるための知恵を紹介したいと思います。これからフリーターになろうという人に知っておいてもらいたいメリットとデメリットも紹介します。また一人暮らしを始めるためにはいくらくらい稼げばよいか、税金の負担についてなどの現実的な情報も掲載します。そして希望のバイト先をみつけるための方法についても触れていきます。真のフリーターとは、自由にバイト先を選ぶことができ、いつでも仕事をすることができて、休むこともでき、経済的な自立も果たせている人のことを指すと思います。このサイトの情報が、真のフリーターになるために少しでもお役に立てば幸いです。

なお、このサイトへのお問い合わせは「atliberty_job☆yahoo.co.jp」までお願いいたします。
(迷惑メール防止の為、☆→@に置き換えて送信してください)

フリーター生活を楽しみたい方へ

  • 自由な働き方がメリット

    フリーター生活を送る最大の魅力は自由な働き方を選べるということです。正社員として企業で働くとフルタイムで働く必要があり、残業などを強いられることもあります。フリーターは週に3日でも、逆に毎日でも自由に勤務時間を選ぶことができます。夜勤のみなど、生活時間帯に合わせて仕事をすることも可能です。半年がっちり働いて、残りの半年は働かないで、夢を追いかけたり、旅をしたり、趣味を楽しんだりすることもできます。

  • 充実した休日を過ごそう

    フリーターになったら休日がたくさんある生活を送ることができます。そこで休日を充実させて人生を豊かにする方法を紹介したいと思います。趣味に没頭して休日を過ごすのは王道の方法です。部屋の片づけをして、心もすっきりさせるという休日の過ごし方もおすすめです。もちろん「ずっと寝て過ごす」という積極的な休養をとる過ごし方もあります。また猫カフェなどに訪れて、動物たちと触れ合いをもつ休日もおすすめです。心が癒されて日頃の疲れも吹き飛ぶでしょう。