フリーター生活を充実させる知恵

気ままなフリーター生活とは?

フリーター生活を充実させるための情報を紹介しています!
みなさんのお役に立てれば幸いです!

PICKUP!!

  • マイナス面も把握しておこう

    フリーターとして生活するにあたって、知っておいた方がよいマイナス面・デメリットもチェックしてみましょう。

  • 気楽に働ける職種とは

    フリーター生活をするならバイトも気楽に働けるものがいいですね。フリーターにおすすめの人気職種を紹介します。

賢く生活する知恵

生活できる収入はいくら?

フリーターとして一人暮らしをするにはどのくらいの収入が必要になるでしょうか。光熱費や食費、社会保険料など必要な出費はたくさんありますので事前にシュミレーションしておきましょう。特に家賃を安く抑えることが月々の生活を楽にするために必要なことです。田舎暮らしなどの特殊な例でない場合は、15万円以上の収入が最低限必要になるでしょう。ただしギリギリすぎると生活に疲れてしまいますので、いつでも遊びにいけるくらいの余裕があるような収入と支出のバランスを心がけましょう。

貯金できる人の特徴を学ぼう

お金が貯まるタイプの人の行動パターンから学び、無駄な支出を減らしましょう。まずお金が貯まる人は「コンビニに行かない」という共通点があります。コンビニに行く時の心理を考えると「何となく」「急に必要なものが出た」という場合が多いと思います。計画的なお金の使い道をしている人は何となく買い物をしたり、急に必要なものが出たりしません。またちょこちょこATMでお金を下ろす人も、計画性のないお金の使い方をしている傾向があります。衝動的に何かを買って安物買いをしてしまう人もお金が貯まりません。

充実した休日を過ごそう

フリーター生活を思いきり楽しむためにも、休日の過ごし方に工夫をしてみましょう。だらだら寝ているだけの休日に罪悪感を感じる人は「今日は思い切り休むだけの日」と事前に決めておくだけで、寝ているだけの休日が充実した1日になります。また休日を利用して掃除をすると、心がスッキリします。趣味に思い切り没頭して、現実を忘れて楽しむのもおすすめです。動物園や猫カフェなどで動物と触れ合い、癒されまくりの休日も良いのではないでしょうか。

税金の種類を知っておこう

フリーターとはいえ、お金を一定額以上稼いでいる人は税金を支払う必要があります。まず103万円を超えると「所得税」の納付義務が生まれます。稼いだ金額が多くなれば所得税額も多くなりますので注意が必要です。同じように100万円を超えると「住民税」の納付義務が生まれます。翌年に4期に分けて納付することになりますので、忘れずに納付しましょう。そして「国民健康保険」と「国民年金」の納付義務も生まれます。事前に支払う金額を把握して、支払い忘れが無いように気をつけましょう。

フリーター生活を楽しみたい方へ

  • 自由な働き方がメリット

    フリーター生活を送る最大の魅力は自由な働き方を選べるということです。正社員として企業で働くとフルタイムで働く必要があり、残業などを強いられることもあります。フリーターは週に3日でも、逆に毎日でも自由に勤務時間を選ぶことができます。夜勤のみなど、生活時間帯に合わせて仕事をすることも可能です。半年がっちり働いて、残りの半年は働かないで、夢を追いかけたり、旅をしたり、趣味を楽しんだりすることもできます。

  • 充実した休日を過ごそう

    フリーターになったら休日がたくさんある生活を送ることができます。そこで休日を充実させて人生を豊かにする方法を紹介したいと思います。趣味に没頭して休日を過ごすのは王道の方法です。部屋の片づけをして、心もすっきりさせるという休日の過ごし方もおすすめです。もちろん「ずっと寝て過ごす」という積極的な休養をとる過ごし方もあります。また猫カフェなどに訪れて、動物たちと触れ合いをもつ休日もおすすめです。心が癒されて日頃の疲れも吹き飛ぶでしょう。